洗濯機 郵送

突然ですが、「洗濯機の輸送料金目安は?各業者の料金が知りたい!」と困っていませんか?

 

  • 洗濯機の輸送が可能な業者は?
  • 各業者の洗濯機輸送料金は?
  • 洗濯機を輸送する際の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!

洗濯機の輸送が可能な業者は?

 

洗濯機の輸送が可能な業者は、引越し業者、宅配業者、便利屋です。どの業者も大型家電の輸送を請け負っています。

 

但し、それぞれの業者のメリットデメリットが異なるため、各業者の作業内容や料金を事前に把握してから依頼することが大切となります。各業者の作業内容と料金をご紹介しますので、自分に合った業者がどこかよく考えてみましょう。

 

各業者の洗濯機輸送料金は?

 

引越し業者の洗濯機輸送料金相場

引越し業者に近距離(30km以内)へ洗濯機の輸送を依頼すると、8000円〜1万円前後の料金がかかります。どの引越し業者も基本的には洗濯機1台だけでも輸送してくれますので、ホームページなどに家電だけの引越しプランを出していなくても相談すれば引き受けてもらうことが可能です。

 

引越し業者に依頼するメリットは、洗濯機の輸送に関する知識がしっかりあるという点です。洗濯機は横にして運んでしまうと内部のドラムが外れて故障することがありますが、この点をしっかり把握しているので、洗濯機を縦にしたまま運んでもらえます。また、壁や床もきちんと養生してもらえるので安心です。

 

また、引越し業者は基本的に作業員2名で洗濯機を運ぶので、2階からの移動なども問題なく対応できます。さらに、洗濯機の設置も行ってもらえるので、輸送後はすぐに洗濯機を使うことができます。輸送保険にも加入しているので、万一の故障にも対応可能です。

 

デメリットは他の業者に比べて料金が高くなるという点です。しかし、高くなる分だけの知識と技術があるので、この点が理解できるはぜひ利用してみましょう。引越し業者によっては値引き交渉も可能ですので、依頼の際には相談してみましょう。

 

宅配業者の洗濯機輸送料金相場

宅配業者で大型家電の輸送を請け負っているのは、ヤマトホームコンビニエンスと赤帽です。

 

ヤマトホームコンビニエンス

ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅急便で近距離(30km以内)へ洗濯機の輸送を依頼すると、6000円〜8000円前後の料金がかかります。料金は荷物の3辺の合計で変動するので、大きな洗濯機ほど輸送料金が高くなり、小さいほど料金が安くなるシステムです。

 

メリットは床や壁の養生を行って洗濯機を運び、設置までを行ってくれる点です。宅配業者のサービスですが、洗濯機がすぐに使える状態に設置してもらえるので安心して依頼できます。

 

デメリットは料金が固定なので値引き交渉ができない点です。また、運送保険は別料金で1万円の価値に対して20円を支払う必要があります。

 

赤帽

赤帽は営業所によって大型家電の輸送を請け負っています。料金は30km未満の近距離で5000円〜6000円ほどで格安な点が最大のメリットです。床や壁も問題なく養生してもらえ、洗濯機も縦にしたまま運んでもらえるので安心して依頼することができます。

 

但し、赤帽では依頼者が作業を手伝うことを前提としており、作業員1名で対応するのでこの点がデメリットとなります。料金が安い分だけ依頼者に負担がありますが、力のある男性で作業の手伝いが苦にならない方であれば利用する価値があります。また、赤帽は近距離にしか対応していません。遠距離に輸送したい方は他の業者を検討してみましょう。

 

便利屋の洗濯機輸送料金相場

大抵の便利屋は時間制で料金を設定しています。例えば1時間あたり6000円の場合、30分で洗濯機を輸送できれば3000円の料金で済みます。

 

便利屋の最大のメリットは格安な料金です。作業時間が短ければ短いほど安くなるので、ごく近距離に洗濯機を輸送する場合は利用する価値があります。また、その他の作業も同時に依頼することができ、かなり細かいことも任せることができるので、自分ではどうにもならない大変な作業を依頼するのにも向いています。

 

デメリットは荷物の輸送に対する技術と知識が乏しいことです。とにかくなんでも請け負うのが便利屋なので洗濯機も問題なく運んでくれますが、横にしたりガタガタ揺らしながら運んでしまう可能性があります。便利屋に依頼する場合はどのように洗濯機を運ぶか確認してください。

 

また、便利屋は床や壁の養生を行わないところがほとんどです。運送保険も掛けていないので万が一のアクシデントには注意が必要です。便利屋に依頼すれば安い料金で洗濯機を運ぶことができますが、それだけリスクもあるということを理解しておきましょう。

 

洗濯機を輸送する際の注意点は?

 

洗濯機の輸送を依頼する際には、事前の水抜きと付属品の保管に注意してください。

 

洗濯機は移動する前に水抜きを行う必要があります。洗濯機内部やホースの水をきちんと抜いておかないと、移動する際に水が漏れたり洗濯機が故障する原因になるので注意してください。水抜きの方法は取扱説明書に記載があるので、よく読みながら作業をしましょう。

 

また、水抜き後に洗濯機から取り外した給水&排水ホースは無くさないように保管してください。アース線を外した場合も輸送先で必要となりますのでしっかり保管しておきましょう。

 

あなたにぴったりの業者を見つけよう

 

皆さんはたった1台の洗濯機輸送の料金が意外に高いと思ったのではないでしょうか?。しかし、洗濯機の輸送は想像以上に大変な作業です。洗濯機を移動させるだけでなく、床や壁を養生する必要もあります。さらに重要なのは洗濯機を縦にしたまま運ばなければならないという点です。これだけ大変な作業なのですから、多少の料金は仕方がないと考えましょう。

 

あなたにぴったりな業者を選ぶには「洗濯機の輸送に何を求めるか?」をよく考えることが大事です。ここが分かれば意外と簡単にあなたのニーズに合った業者が見つかるはずです。早速いくつかの業者を調べてみましょう。

 

洗濯機って郵送できるの?